高性能住宅建設

これから家を建てる方には、「長期優良住宅」や「低炭素住宅」に代表される高性能住宅を建築することをおすすめします。
高性能住宅は、高気密、高断熱、高耐震、高耐久などのすぐれた性能を持つ住宅で、冬は暖かく、夏は涼しいなど、一年を通して快適な生活を送ることができます。

高性能住宅を建築する際に、建築基準法で定める「長期優良住宅」や「低炭素住宅」に認定されれば、税制面での優遇制度を受けられます
また、光熱費がゼロとなる高性能住宅である「ゼロエネルギー住宅 ZEH」に認定されると、さらに国から補助金が交付されます。
住宅ローンについては、「長期優良住宅」または「低炭素住宅」であれば、長期固定金利の【フラット35】の金利を一定期間引き下げる【フラット35】Sを利用することができます。

弊社では、「長期優良住宅」、「低炭素住宅」、「ゼロエネルギー住宅 ZEH」の認定に必要となる「申請書類」~「確認申請」まで一括して行っています。
構造計算の難しい木造在来工法による高性能住宅については、自社で詳細な構造設計を実施しており、多くの工務店よりご依頼いただいた施工実績を持っています。

この長期優良住宅は、敷地が延長敷地ですが比較的広いため、日当たりを確保することができました。
構造は落とし板壁工法、いわゆる「板倉工法」です。板倉工法による長期優良を取得できることが、当設計事務所の特長です。

準防火地域ですが、軒裏を無垢板みせです。これも弊社の建築設計における得意とするところです。お施主様及び工務店様のこだわりにお答えするのが、弊社の設計方針です。

高性能住宅は…

ポイント1 構造計算してあるので 大地震でも倒れにくい!

ポイント2 構造計算してあるので 巨大台風でも倒れにくい!

ポイント3 構造計算してあるので ゆがみが出にくい!